ペットが病気になったら|様子がおかしいと思ったら椎間板ヘルニアを疑え|犬を襲う病気の一つ
男性と犬

様子がおかしいと思ったら椎間板ヘルニアを疑え|犬を襲う病気の一つ

ペットが病気になったら

獣医とペット

人間とこんなに違います

人間の保険のようなペット保険と言うものがあるのをご存知ですか。人間には健康保険があって病院にかかっても治療費負担は3割なのですが、ペットが病気になっても同じぐらいの費用で済むと勘違いしている人が多いようです。犬やネコのようなペットが検査や治療で使う機械や薬は基本的に人間のものと大差ありません。つまり治療費も人間と大差ないということです。ですが人間は保険により7割引きになっているのですがペットはそういう訳にはいきません。そのため動物病院の明細を見て驚くことになるわけです。実際、検査でレントゲンと血液検査をして、治療用に薬を処方してもらうと人間なら数千円で済むところ、犬猫の場合数万円かかることもあるのです。

保険のありがたみ

人間と同じように医療技術が進んでペットも長生きするようになってきましたが、その分病院のお世話になる機会も増えてきています。そこで気になるのがペットの治療費です。ペット保険は毎月一定の掛け金を払っていれば、治療費の半額から人間同様7割程度まで負担してくれます。治療費を気にするあまり病院へ行くのを躊躇ってしまい、そのせいで病気を悪化させ更に治療負担が増してしまうなど言った悪循環を断つためにもペット保険の利用を強くおすすめします。また、高齢になってからや病気になってから入れる保険は殆ど無いか、掛け金が高額になってしまいます。以前と違い、各社が様々なタイプのペット保険を出しており、掛け金も以前よりかなりリーズナブルになっていますので、ペットを飼い始める際にペット保険にも加入することをおすすめいたします。