レディとゴールデン

様子がおかしいと思ったら椎間板ヘルニアを疑え|犬を襲う病気の一つ

ミニピンの容貌特徴を知る

複数の犬

ミニチュアピンシャーは小型な上に体のラインが見える短毛なので細くて小さい犬というイメージを持たれますが、実際には筋肉質で全体的なスタイルが良いしっかりした犬種です。断耳や断尾の習慣があるので、自然な姿を求める場合は専門ブリーダーに交渉してみると良いです。

Read More...

ペットが病気になったら

獣医とペット

ペットも人間同様、怪我もすれば病気にもなります。病院に行けば治療費もかかります。いざという時に治療費を気にせずしっかり治療を受けさせるためにもペット保険をご検討ください。このことはペットを飼ったことがある人ならば、きっと共感してもらえるはずです。

Read More...

肥満や老化が主な原因

ドッグと女性

人間だけではない

腰痛に悩んでいる人の中にはただの腰痛ではなく、実は椎間板ヘルニアがその原因であることもありますが人間だけではなく犬もこの病気を発症してしまうことがあります。犬を襲う病気の一つとも言えるでしょう。人間と違って犬の場合はその症状を自分から飼い主に訴えることはありませんので、行動の変化から飼い主が病気であるかどうかを判断する必要があります。病気であるかどうかを判断する症状としては、歩き方がおかしくなったり以前と違って運動を嫌がるようになったりすることがあります。また、痛みだけではなく麻痺が起こることもあります。椎間板ヘルニアを犬が発症してしまう原因としては肥満や老化があります。体重が重くなると椎間板に負荷がかかってしまい発症しやすくなってしまうのです。老化によっても発症しやすくなるので8歳以上の高齢になった場合には注意も必要です。

進行しやすいことも

人間だけではなく犬も発症することがある椎間板ヘルニアですが、どのような犬種でも発症するのではなく発症しやすい犬種もあるので注意が必要です。特に注意が必要なのは小型犬です。犬が発症する椎間板ヘルニアは二種類ありますが、軟性椎間板ヘルニアは特に小型犬が発症しやすいという特徴があります。また、8歳以上の高齢になるとより発症しやすくなってしまいます。この軟性椎間板ヘルニアは急速に症状が進行してしまうという特徴があるため、症状が軽いからといって放置してしまうといつの間にか重症になっていることが少なくありません。症状が進行してしまうと治療も難しくなってしまい、高額な医療費が必要になることもありますので出来るだけ症状が進行しないうちに治療を行うことが大切です。

ぬいぐるみのような犬

ドッグたち

マルプーとは「マルチーズ」と「トイプードル」を掛け合わせたミックス犬です。小型犬で賢い両親の遺伝子を引き継ぎ躾のしやすい従順な性格が特徴です。毛が伸びるのが早いため、定期的にカットをして愛犬を可愛くしましょう。

Read More